『美原荘「すごうの郷」』は、平成27年10月にオープンした地域密着型サービスの特別養護老人ホームとグループホームです!!!

 このたび、特別養護老人ホーム美原荘のサテライト施設として、

地域密着型特別養護老人ホーム、短期入所生活介護、認知症対応型共同生活介護の3つの事業を併設しています。

 

特別養護老人ホーム美原荘「すごうの郷」

美原荘グループホーム「すごうの郷」

「すごうのさと」と読みます。

 

大阪府下では初めてとなる「木造三階建て」の建物となり、耐震耐火構造ながらも、

入居者に木のぬくもりのなかで、「安らぎのある毎日」と、

「これまでの暮らし方を続けていただくこと」を支援し、

それぞれの方の「我が家」となることをコンセプトとしています。

 

全室とも個室となっており、各居室にはトイレを備え、プライバシーへ配慮する設えとなっております。

また、入居者おひとりおひとりの個別ケアを実践する場として、

各居室を9~10室ごとにユニットに分かれながらも、

それぞれに食堂、リビング、浴室、洗濯室、談話コーナーを配置し、

 

一人になりたいとき…

みんなと過ごしたいとき…

家族とゆっくりすごしたいとき…

 

そんな思い思いの時間を過ごしていただける日常がおくれること、を目指して設計しています。

 

これまで、大阪府社会福祉事業団では、数々の「ユニットケア」を実践する特別養護老人ホームやケアハウスを運営し、

たくさんのユニットケアに対するノウハウを積み上げてまいりました。

 

その経験を十分にいかしながら、

この新しい「我が家」に集う入居者の皆さまとの「これからの暮らし」を

ともに見つけていける場となれるよう、まい進していきます。